結婚報告の方法や順番

結婚報告の方法や順番

お互いに結婚したいという気持ちが固まって結婚へ向かって動き出す場合、周囲の人たちに結婚の報告をします。結婚報告は、順番があるのをご存知ですか?

 

知らないと、自然に失礼なことをしてしまう場合がありますから気をつけましょう。

 

順番としては、

親→上司→友人・同僚の順番に行います。

つい、同僚に話してしまい、上司の耳に間接的に入ってしまったということにならないように気をつけましょう。

 

まず、女性の親へ結婚の半年〜1年前に結婚の許しをもらいに行きます。次に、男性側の親へ挨拶します。男性があらかじめ親に話、当日は女性が家族になる挨拶をしに行くという段取りで話を進めましょう。

 

上司への報告は、3〜4ヶ月前に行います。

 

その際には、ただ「結婚します」と伝えるだけではなく、簡単な相手のプロフィールを伝えます。男性なら、結婚後も働き方は変わらないかも知れませんが、男性でも変えたい場合や女性の場合は働き方の希望を相談しましょう。

 

結婚式をやるのかどうか、やるなら出席して欲しい等を伝えます。

 

最後に、同僚や友人、親族へ結婚報告を行います。ついつい、友達に真っ先に話してしまいがちですが、事前に結婚報告の順番を認識しておけば失敗することは無いでしょう。