結婚後の新居について

結婚後の新居について

結婚して、新たに住まいを変えるカップルも多いでしょう。

 

旦那さんもしくは奥さんの実家に住むカップル、賃貸マンションやアパートを借りるカップルもいます。同棲していてそのまま住み続けるカップルもいます。中には、結婚を機にマンションや一戸建てを購入する方もいるでしょう。

 

結婚が決まったら、まず、賃貸か購入か同居かを決めましょう。
賃貸にする場合は、予算・場所・間取り等をあらかじめ決めておきましょう。

 

長く住み続けるつもりなら、子供が生まれても一緒に住めるように広めの間取りがベストです。もし、子供が出来たら引っ越そうと考えているなら、最低限の広さにしておいて予算を低めにし、貯蓄しておくという方法もあります。

 

賃貸は、あまり早く探さずに条件だけ決めておき、実際には早くても2ヶ月前くらいから探すのが多いです。新築物件なら、早めに賃貸情報が出ている場合がありますが、通常は飽き物件に対して、手付金を支払った時点から家賃が発生します。

 

購入する場合は、早めに行動に移すのがベストです。

 

展示場を見て回ったり、土地を見て回る等、式場選びと同じかそれ以上に時間を要します。一生住むことになることが多いので、特に慎重に選ぶ必要があります。また、将来、家を建てることを目標にして貯蓄するなら、同居というスタイルを選んだり、公営住宅に応募するという方法もあります。