結納とお食事会について

結納とお食事会について

結婚を決めたら、まず、結納とお食事会について考える必要があります。
結納に関してですが、最近は、しない方も増えています。

 

結納をするか否かは、その地方のしきたりや慣習に左右されますから、両家の考え方を確認しておきましょう。どちらかが「絶対にしたほうがよい、するのが当たり前」と考えているなら、そちらに合わせるのがベストです。

 

一般的には新郎側が、「結納の品」を納め、女性側が「結納返し」を返します。

 

結納の場所は、新婦の自宅であったり、ホテルや式場の「結納パック」を利用する方も多いです。結納を行うカップルは、3組に1組ということで、しきたりを重んじる傾向がまだ根強く残っています。

 

結納はしなくても両家の顔合わせのお食事会は、するカップルが圧倒的です。
統計によると、顔合わせの食事会だけ行ったカップルは7割弱と圧倒的です。

 

  • 結納とお食事会の両方を行ったカップルは、およそ2割、
  • 結納のみ行ったカップルは1割以下、
  • どちらも行わないという方は、僅かにいるという程度。

結納やお食事会は、始めて両家が顔を合わせるのですから、若いカップルで「面倒くさい」と思う方もいるでしょうが、どちらかは最低限したほうが良いです。